新着情報

仏壇修理! いや復元? いやそれ以上!

2020年3月13日

今まで100本以上手掛けているのですが、アピール不足で「ふじ佛壇店でお仏壇の修理はできるの?」とたまに聞かれます。このたび令和二年一月にご依頼いただいたお仏壇がなんとか春彼岸前に納品できたので、お答えもかねてお知らせいたします。

ご依頼をお受けしたときはこの仏壇直すの?と聞きなおしました。木地はほとんど使いものにならず、障子はなく茶箪笥のようなガラス戸が付いていました。昔は腕の良い大工さんや、建具屋さんが彫刻類だけ仕入れて仏壇を作ることがあったようです。この仏壇は金具は使用せず、金色の部分も純金箔ではなく金粉塗料を塗った痕跡がありました。

しかし、ご依頼主様はご先祖様たちが大事にしてきた仏壇、また飾りは少ないけどたくさんのお供え物が上がるこの古いお仏壇を買いかえるのは、お姑さんとの思い出が断ち切れてしまいそうでどうしても修理したいと言われました。そこで思い出を変えてしまわないようなるべく原型に近く、彫刻類はそのまま使用。ただ茶箪笥のような扉だけはお仏壇らしい障子にしましょうと打ち合わせをしてお預かりしてきました。

一言で仏壇修理と言っても色々な作業があります。貴重な金具などは交換せず、メッキをし直すことで新品になります。またもともとあった蒔絵を生かしながらきれいにすることも、新しく蒔絵を書き直すこともできます。

まずはお電話いただいてからお伺いします、その時にいろいろご相談ください、買い替えた方が低予算で済むのか修復した方がお得なのかを無料でお見積もりいたします。その後でお断りいただいても全然かまいません。青森県内どこでも出張いたしますのでお気軽にご相談ください。